USCPA(米国公認会計士)

USCPAは監査業務、税務業務、コンサンルティング業務、会計業務など幅広く活躍しています。

最も注目されている海外資格です

USCPA(米国公認会計士)とは「United States Certified Public Accountant」の略で、アメリカ合衆国各州が認定する資格です。

USCPAはアメリカ合衆国の各州ごとで取得・登録され、州外での公認会計士業務を行うことはできませんが、IAS(国際会計基準)の導入と市場のボーダレス化により、数多くの海外資格の中でも最も注目されています。

USCPAは監査業務、税務業務、コンサンルティング業務、会計業務など幅広く活躍しており、特に大手の会計事務所を中心として会計監査や内部統制・内部監査の分野において需要が急増しています。

ちなみに監査業務については、日本の公認会計士と同様に独占的業務となっています。

日本においても、日本版SOX法の導入により上場企業は内部統制システムの構築・整備が義務付けられましたので、USCPA試験科目の1つである「監査及び証明業務」が大変役に立つでしょう。

試験について

USCPAの試験は、「監査及び証明業務」「財務会計」「法規」「ビジネス環境及び諸概念」の4科目で、科目合格制度があるため1科目ずつの受験が可能ですが、全4科目を18ヶ月以内に合格することが必要です。

試験はコンピュータで実施され、日本語ではなく英語試験ですが、財務・会計分野に特化した英語力ですので英語力はさほど問題にはならないでしょう。

受験資格は州によって異なりますが、原則として4年制大学卒業者・卒業見込みであり、会計・ビジネス関連の単位を取得していることが条件です。

次ページ: CFE(公認不正検査士)

Copyright © Since 2008  CIA(公認内部監査人)取得ガイド  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。