高卒認定試験の受験対策

高卒認定試験の受験対策について

選択科目の見極めが大切です

高卒認定試験は、入学試験のように競争率が激しく難易度が高い試験ではありませんが、それでもやはり一定レベルの学力を身につけておかなくては合格することはできません。

高卒認定試験は8~9の試験科目にすべて合格する必要がありますので、しっかり受験対策をしておきましょう。

1 得意な試験科目を選ぶ

高卒認定試験では、必須科目である国語・数学・英語・世界史以外は受験科目を選択しますが、その際にどの科目を選択すればよいのかをよく見極めることが大切です。

たとえば理科の場合、「物理Ⅰ」「化学Ⅰ」「生物Ⅰ」「地学Ⅰ」「理科総合」の5科目から2科目を選択し、地理・歴史の場合は「日本史」「地理」から1科目を選択しますが、難易度はほとんど変わらないので、中学校や高校で勉強したことのある科目や興味のある得意な科目を選択したほうが得点を伸ばしやすいでしょう。

2 過去問題をチェックする

まずは高卒認定試験の過去問題を調べて、出題傾向と難易度を把握することが大切です。

これは効率よく受験勉強をするうえで絶対に欠かせないことで、高卒認定試験の過去問題集は書店で販売されていますので、一度目を通しておきましょう。

3 効率よく勉強する

高卒認定試験の出題傾向を把握したら、その部分を集中的に勉強し、市販の高卒認定試験問題集などを何度も解いて自分の苦手分野を見極めるなど、参考書や問題集をうまく活用しましょう。

4 模擬試験や予想問題テストを受ける

ある程度勉強が進んできたら、予備校などが実施する模擬試験や予想問題テストを力試しに受けてみましょう。

年に数回実施される高卒認定試験の模擬試験は、自分の実力や出題傾向を確認する手段として大変役に立ちます。

また、模擬試験の解答には大事なポイントがわかりやすくまとめてあるので、復習やミスのチェックにとても役立ちます。

このように、合格のためには科目選定から試験対策まで、効率よく準備をすることが大切です。

次ページ: 通学講座

Copyright © Since 2008  高卒認定試験  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。