現代社会

現代社会の出題範囲、ポイント、勉強法について

時事問題に常に触れておきましょう

現代社会は、平成17年度に高卒認定試験が実施されるようになってから、共通問題と選択問題にわかれて出題されるようになりました。

内容は「政治」「経済」「国際」「現代の社会」から出題されますが、傾向として時事問題が多いのが特徴です。

そのため、新聞やインターネット、テレビのニュースを通して、日頃から日本国内や世界の政治・経済、社会の動向について知っておくようにしましょう。

また、現代社会はすべての分野から広く浅く出題されるので、まずは一般的知識を得るような学習をしましょう。

参考書などで大まかに基本的なことを頭に入れた後、高卒認定試験の過去問題を何度も解いてみると、どのような事柄がどのような形で出題されるのかというポイントを知ることができます。

ただし、問題内容が時事的なことですから、あまり古い年代ではなく最近の過去問題を中心に取り組みましょう。

ほかにも、グラフや表などの統計資料を使った問題は必ず出されますので、そのような問題に普段から慣れておくことも必要です。

1 共通問題

現代社会の共通問題は「政治」「経済」「国際関係」といった幅広いテーマから出題され、それぞれの内容について知識を問う問題が中心となっています。

資料問題も少し出題されるので、日頃から統計・表などを使った問題に取り組んでおきましょう。

2 選択問題

現代社会の選択問題は、資料問題が中心の出題傾向があり、文章・写真・グラフ・統計・表などさまざまな資料に関する問題が出題されます。

また、これらの資料を読み解く能力が求められるので、資料問題に特化した問題集を繰り返し解くなどの重点的な対策をして、本番に備えておきましょう。

次ページ: 理科総合

Copyright © Since 2008  高卒認定試験  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。