高卒認定試験に関するQ&A

高卒認定試験に関するQ&A

高卒認定試験に関する疑問解決

Q 大学入学資格検定(大検)との違いはなんですか?

A 大学入学資格検定と高卒認定試験の違いは3つあります。

1つめは高校中退者だけでなく全日制高等学校在学者や休学者でも受験が可能になったこと、2つめは受験科目から家庭科が除外され英語が必須科目になったこと、3つめは高校の単位認定が可能になったことです。

Q 合格者の最終学歴は「高卒」ですか?

A 試験に合格すれば「高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある」と認められますが、高等学校を卒業していませんので、最終学歴は高等学校卒業とはなりません。

Q 一度の試験で全科目に合格しなければなりませんか?

A そんなことはありません。

高卒認定試験では一度合格した科目は再受験する必要がありませんので、何回か試験を受けてトータルで全科目に合格すれば大丈夫です。

Q 合格点は何点ですか?

A 合格点は一切発表されていませんが、おそらく各科目40~45点以上で合格できるといわれています。

Q 合格者に定員はありますか?

A 合格者の定員は定められておらず、試験の結果、学力が一定の基準に達していると認められれば合格となります。

Q 高校中退の場合、在籍中に取得した単位はどうなりますか?

A 高校在籍中に取得した単位によっては、受験科目が免除される場合もありますが、高等学校によって対応が異なります。

また「単位修得証明書」の発行が必要なので、在籍していた高校に問い合わせてみてください。

Q 英語検定などの検定試験で合格した科目は、受験が免除されますか?

A 級によっては試験科目が免除されますので、文部科学省サイトを参照してください。

該当する技能検定に合格している場合は、実施団体の発行する「合格証明書」により試験科目の受験が免除されます。

Copyright © Since 2008  高卒認定試験  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。