高卒認定試験のメリット

高卒認定試験のメリットは目標達成のために時間を有効に使える点です。

時間を有効に使えます

高卒認定試験は従来の大学入学資格検定制度では受験できなかった全日制高等学校の在学生でも受験できるようになり、それによって新しい活用法が生まれました。

たとえば、もし高校生のうちに語学留学をしたいと思った場合、高卒認定試験は受験の翌年の3月31日までに満16歳になれば受験ができるので、在学中に高卒認定試験に合格しておけば、1年間高校を休学して語学留学をし、18歳で帰国して高校を卒業して大学受験をすることもできます。

つまり、高卒認定試験を活用することで、夢や目標に向かって時間を有効に使うことができるのです。

また、すでに芸能界に入って仕事をしている人で、忙しくて他の学生と同じように全日制高校に通学することができない場合でも、芸能活動を続けながら自分のペースで学習を進め、高卒認定試験を受験して合格するという方法があります。

受験資格の上限は無し

高卒認定試験における受験資格に上限年齢はありませんので、焦らずじっくりと取り組むことができます。

それは家庭などの事情により高校に進学しないで社会人になったり、一度は高校に通ったものの高校を中退してしまった人の場合でも同じです。

「もう一度勉強をやり直したい」「大学に行きたい」「何かの資格を取りたい」と思った時、高卒認定試験は有効な手段となります。

また「今の高校には通いたくないが、大学に行きたい」という学生にとっては、高校を中退しなくてもチャレンジできる高卒認定試験は貴重な選択肢です。

ほかにも、全日制在学者が高卒認定試験に合格すれば、校長の判断によってその合格科目を高校での単位に振り替えられる場合がありますし、難関大学を目指す人にとっては、そのシステムをうまく利用して効率的に受験勉強を進められるというメリットがあります。

このように、高卒認定試験は「勉強したい」という強い意志さえあれば何歳になってもチャレンジできる資格ですので、高卒認定試験に合格すれば大学や専門学校の受験や、各種検定を受けることもできます。

次ページ: 高卒認定試験と就職

Copyright © Since 2008  高卒認定試験  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。