高卒認定試験と就職

高卒認定試験の認知度と就職について

正しい認知が増えてきています

高卒認定試験の受験者数は年々増加傾向にありますが、それでは高卒認定という資格は社会でどれだけ知られているのでしょうか?

文部科学省の発表によると、高卒認定試験の認知度は「知っている」「名前だけを知っている」を合わせると8割となっていますが、実際にはこの数値よりも一般的な認知度は低いといわれています。

高卒認定試験は平成17年度から始まった新しい制度であるせいか、大学入学資格検定(大検)に比べるとあまり知られていないようです。

高卒認定試験は、進学だけではなく資格試験や就職などにも広く活用できるように実施されている試験ですので、国は学校や企業・自治体に対して高卒認定試験の正しい認知を働きかけているところです。

そのような現状もあり、高卒認定試験合格者は進学や就職の面接で高卒認定試験について質問されるかもしれないので、その時には、高卒認定試験のことや自分が受験した理由などをきちんと答えられるようにしておきましょう。

高校卒業程度と同等であるという資格

高卒認定試験は大学入学資格検定と同じように、合格すれば「高校卒業程度と同等」とみなされ、それは「学歴」ではなく、「高等学校卒業と同等であることを認定する」ということです。

なお、履歴書の学歴欄には「平成○○年 高等学校卒業程度認定試験合格」と記入しましょう。

高卒認定試合格者は、企業の採用試験において他の高校卒業者と比べて特に不利になることはないようで、「高卒と同等である」という認識をしている企業は年々増加していますので、心配はいりません。

次ページ: 高卒認定試験に関するQ&A

Copyright © Since 2008  高卒認定試験  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。