英語

英語の出題範囲、ポイント、勉強法について

出題形式を理解し、単語力を身につけましょう

英語の出題問題は、次のようになっています。

1 強勢

対話形式の中で強く発音するところを見つける問題。

2 会話完成

会話を完成するための空欄補充の問題。

3 語順整序

意味の通る文章になるように、選択肢の単語を並び替えて2番目と4番目に当てはまる語句を選択肢の中から選ぶ問題。

4 内容把握

3~4行程度のメッセージ文を読み、その内容や意図を読み取る問題。

5 空欄補充

5~6行程度の文章中の空欄に適切な単語を補充する問題。

6 長文読解

グラフデータについて作成された英文レポート、英文の新聞投稿、エッセイなどの内容を読み、その内容にあてはまるように英文を完成させたり、本文の主旨と一致する2文を選ぶ問題。

英語の出題問題のうち前半は比較的わかりやすいので、ここで確実に得点することを心がけましょう。

勉強方法としては、まず自分の単語力を把握し、自分のレベルに合った単語帳を暗記するところから始めるとよいでしょう。

また、暗記する時には、声に出して読みながら何度もノートに書いていくと効果的です。

会話表現や基本文法を確実に身につけるには、文法で分からないところがあれば、必ず文法書や参考書を使って調べましょう。

一方、後半の出題問題は、話の流れや内容を理解できているかが問われる問題が中心です。

長文の読解力を身につけるためは、とにかく同じような問題に多く取り組み、内容を一言一句正確に捉えるよりも大意をつかむ練習をしたり、英語で書かれた簡単な小説を読むなど、日常生活で英文に慣れる訓練をするのもよいでしょう。

次ページ: 世界史

Copyright © Since 2008  高卒認定試験  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。