内部監査人の役割とスキル

内部監査人は、「リスク・マネジメント」「コントロール」「ガバナンスプロセス」の有効性を評価します。

客観的立場から組織を支援するために

内部監査人の主な業務である内部監査とは、取締役や従業員の不正などを防止するために定められた会社のチェック機能が十分かどうか、つまり内部統制機能が十分かどうかを確認し、それを遵守させ、監視・助言する仕事です。

そのような業務を行う内部監査人には、独立した客観的な立場から、組織のさまざまな価値観を積極的に支援する役割を果たすことが求められています。

内部監査人には、「リスク・マネジメント」「コントロール」「ガバナンスプロセス」の有効性を評価するという3つの役割があります。

このうちリスク・マネジメントとは、経営活動において生じるさまざまなリスクを最小限に抑えようとする管理手法のことで、つまり危機管理のことです。

ガバナンスとは、企業統治(コーポレート・ガバナンス)の意味で、経営者の独走・暴走及び組織ぐるみの違法行為をチェックして阻止できるかどうか、企業理念を実現するために、全ての役員と従業員の業務活動がきちんと方向づけられているかどうかを判断します。

内部監査人がなぜこれらの有効性を評価するのかというと、各プロセスが組織体の目標の達成に貢献するように適切に機能していることを保証し、組織体の業務の有効性・効率性を高めるために改善案を提供する必要があるからです。

求められる知識とスキル

内部監査人には、内部監査を行う際にミスをチェックするほか、内部統制が合理的・効率的かどうかという判断をする視点が必要となります。

そのため、内部監査人に求められるスキルは、内部監査の基準や手続きに関する専門的能力だけでなく、さまざまな幅広い知識やスキルが必要とされます。

たとえば、財務記録や会計原則に関する知識のほか、業務監査やコンプライアンスに関する監査における経営管理や商法などに関する知識も取得しておかなければなりません。

つまり、内部監査人とは「内部監査を実施する専門知識と遂行能力」「会計知識」「商法など法律知識」「IT関連知識」などの幅広いスキルが求められる職業なのです。

そのような内部監査人に必要な知識やスキルを習得するためには、CIA(公認内部監査人)の資格を取得するのが有効な方法です。

次ページ: 企業改革法(SOX法)とは

Copyright © Since 2008  CIA(公認内部監査人)取得ガイド  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。