CIA認定試験の内容について

CIAの試験内容、受験資格について

4つのパートで構成

CIA(公認内部監査人)認定試験は通年で受験が可能ですが、試験日から90日間は同じPartの受験はできません。

受験料については次の通りとなっており、なお、登録料の有効期限はいずれかのPartの最終受験日から2年なので、それを過ぎた場合には登録料を再度支払わなければなりません。

また、本部であるIIA(内部監査人協会)の登録料・受験料の変更に伴い、これらの金額が改定される場合がありますので、その都度最新情報をチェックしておきましょう。

受験料

① 一般(学生・教員以外)の場合

登録料(初回のみ)8,400円

各Part受験料 17,850円

② 大学・大学院の教員、学生(初回受験時のみ)

登録料(初回のみ) 4,200円

各Part受験料 11,550円

CIA認定試験はコンピュータベースで実施され、言語は日本語およびいくつかの言語から選択することができます。

一度の受験で選択出来る言語は1つだけですが、Partごとに言語を変更して受験することができます。

試験内容は次の通りです。

試験内容

PartⅠ ガバナンス、リスク、コントロールにおける内部監査の役割

PartⅡ 内部監査の実施

PartⅢ ビジネス分析と情報技術

PartⅣ ビジネス・マネジメント・スキル

また、CIA認定試験には、一定の要件を満たす場合に限り、一部の受験が免除される制度があります。

たとえば、受験者が「内部統制評価指導士」「公認金融監査人」「内部監査士」「公認会計士」の資格を保持している場合は、試験のうちPart Ⅳの受験が免除されるというものです。

ただし、認定対象資格は追加・変更される場合がありますので、そのつど最新情報をチェックしておきましょう。

なお、受験が免除されるためには、受験申込書の保有資格該当欄に記入し、その申込書に各資格の認定を証明する書類の写し(認定番号記載の書類)を添付して、資格試験係に送付しなければなりません。

そして、免除申請時に管理費(一般の場合17,850円。 学生の場合11,550円)を支払う必要があります。

次ページ: CPE(継続的専門能力開発制度)について

Copyright © Since 2008  CIA(公認内部監査人)取得ガイド  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。