資格取得のメリット

近年SOX法・J-SOX法の施行により、内部監査の重要性が高まってきています。

企業にとって必要な存在です

CIA(公認内部監査人)は、企業において内部監査を担当する内部監査室などに所属する方や、企業の内部統制やSOX法などについて勉強してみたい方にはオススメの資格です。

内部監査人の主な仕事は、取締役や従業員の不正がないように、あらかじめ規定された会社のチェック機能を充実させる仕組みが十分かどうかを確認し、それを遵守させて監視・助言するという内部監査です。

近年SOX法・J-SOX法の施行により、そのような内部監査の重要性が高まってきています。

CIA資格を取得することにより、これらの法律対象となる上場企業において内部監査の専門家として働くことができたり、外部コンサルタントという立場としてCIA資格を役立てることができるでしょう。

活躍できる分野は?

CIA資格後に活躍できる主な分野としては、監査法人やコンサルティング会社をはじめ、内部監査業務、監査役監査業務、公認会計士監査業務、経営コンサルティングなどがあります。

また、所属する企業の給与体系によって異なりますが、CIA資格を取得することによって資格取得者への手当(奨励金)が支給されるケースや、CIA資格取得に対して補助金を設けている企業もあり、CIA資格者の平均年収は、およそ800万円 ~1100万円といわれています。

内部監査はあらゆるリスクを推察、指摘して、企業の目標達成のために組織の運営を保証、改善するので、企業側としても、CIAを必要としています。

企業がリスクから受けるダメージを最小限に抑え、ブランドイメージの低下を抑えるためにも、CIAは企業にとって必要な存在だといえるでしょう。

次ページ: 内部監査人の役割とスキル

Copyright © Since 2008  CIA(公認内部監査人)取得ガイド  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。