CPA(公認会計士)

CPAの主な業務は、企業の財政状態や経営状態が記された財務諸表が適正かどうかを監査し、内容について意見や指導を行うことです。

会計事務所への就職に有利です

CPA(公認会計士)とは「Certified Public Accountant」の略で、公認会計士法によって認められた国家資格です。

CPAの主な業務は、企業の財政状態や経営状態が記された財務諸表が適正かどうかを監査し、内容について意見や指導を行うことです。

公認会計士は、監査法人、会計事務所、経営コンサルティング会社、公職関係、一般企業などで幅広く活躍しています。

また、CPAの資格は会計事務所への就職で大変有利になりますので、実務経験を積んだ後に独立したり、一般企業で金融、証券、M&Aをはじめとする財務・会計部門で活躍するケースも増えています。

資格を組み合わせると有効です

CPAは他の資格と組み合わせて取得すると、さらなるキャリアアップを目指すことができます。

たとえば、税理士や社会保険労務士を取得すれば、会計全般や給与・雇用関連についても的確なアドバイスができます。

また、近年のグローバル化に伴い、日本企業においても国際会計基準(IAS)に移行する方向にありますので、USCPA(米国公認会計士)を取得すれば世界で活躍できるようになります。

CPAの試験については、企業会計の透明性を保ち、証券市場を活性化させるために有能なCPAの需要が高まりつつあることから、2006年より試験体系が簡素化され、短答式と論文式で構成される1回の試験方式となり、受験資格が撤廃されて誰でも受験することができるようになっています。

次ページ: USCPA(米国公認会計士)

Copyright © Since 2008  CIA(公認内部監査人)取得ガイド  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。